【告知】サーバメンテナンスのため、8月16日22時から17日4時までサービスを停止いたします。予めご了承ください。

Score Book

4:プレー中のマナー(「みんなのコースを大切に」編)  << On the Course >>

折れたティーペグは拾いましょう
ティーショットでティーペグが折れたからといって、拾わないで、その場に放置するのはやめましょう。ティーペグは、拾っておくのがマナーです。
ダフったら後始末を
ダフったりして、フェアウェーを傷つけてしまったときには、切り取った芝はもとに戻すなどして、修復しておきましょう。また、キャディーに目土の指示をしておくのも良いでしょう。素振りでフェアウェーを傷つけても同様です。大きなディボットに気が付いたら、できるだけ修復しておきましょう。

ティーグランドはきれいに!!!

動かした人工の障害物はもと通りに
ショットの障害になるということで、修理地の杭や、ウォーターハザードを示す杭などを動かしたり、抜いたりした時には、元通りにしておきましょう。
グリーン上の傷は直しておく
ボールが落ちてできるボールマークは、グリーンフォークなどで直しましょう。自分のショットでできたボールマークでなくとも、直してあげるくらいに、みんなのグリーンを大切にしましょう。
グリーン上ではスパイクを引きずって歩かない
グリーンでスパイクを引きずって歩くと、グリーン面に引っ掻き傷ができ、後続のプレーヤーに大変迷惑をかけます。ボールマークはプレー前に修復可能ですが、シューズの引っ掻き傷は、プレー後にしか直せないのでなおさらです。傷をつけてしまったら、元通りになるようならしておきましょう。
バンカーは必ずならしましょう
バンカーショットを打った後は、必ずバンカーレーキを使って、掘った砂をならしておきましょう。急いでいるからといって、掘ったままにしておくのは、後続プレーヤーに大迷惑です。使ったレーキは、必ずもとに戻しておきましょう。

ディボットは直しましょう!!

修理地は避ける
青い杭で囲まれた修理区域は、避けて通りましょう。近いからといって、芝を育成中の区域を踏み荒らしたりすることのないようにしましょう。
喫煙は所定の場所で
基本的に、フェアウェーを歩きながらの喫煙は控えましょう。喫煙は、ティーグランド周辺などの、灰皿のある所定の場所に限りましょう。くれぐれも、吸殻をところ構わず捨てたりして、コースを汚すようなことのないように!
エチケットリーダーは責任を持って
コンペなどでは、1組のうちの1名を「エチケットリーダー」にして、エチケットやマナーの悪いプレーヤーがいたら勇気を出して注意しましょう。初心者のプレーヤーには、皆が教えてあげることも肝心です。

 
 
 

Information

  • JGF
    Kyoraku
    トーナメント観戦チケット発売中!


閉じる