【告知】サーバメンテナンスのため、8月16日22時から17日4時までサービスを停止いたします。予めご了承ください。

Score Book

5:プレー中のマナー(バンカー・グリーン編)   << Bunker and Green >>

バンカーにはボールの近くから入る
バンカーはボールに近くなおかつ浅いところから入り、入ったところから出るこれも常識です。最後にバンカーレーキでならすときにも、入ったところから出れば、足跡をならす手間もかかりません。土手の低い方から入れば、コースを痛める事が少ないでしょう。
ラインの読みは手短に
必要以上に時間をかけて、パッティングライン読むのはやめましょう。打順が回ってくる間に、ラインを読んで自分のパッティングイメージしておくことが、スロープレーを避けることにもつながります。

影が邪魔!

ラインの延長線上に立たない
人がパットをしている時に、パッティングラインの延長線上に立ってはいけません。パットをする人の視界に入らないように、打つ人の正面か、後方に立つこと。
パット中は動かない
ショット同様、同伴競技者がパットをするときには、動いたり音を立ててはいけません。相手の集中力をかき乱す行為は、完全なマナー違反です。
ライン上に陰を落とさない
同伴競技者がパットをするときには、自分の影にも気を使いましょう。ライン上には、自分の影を落とさないように気をつけましょう。
人のラインを踏まない
グリーン上では、同伴競技者のボールの位置をよく把握した上で、カップとボールを結ぶラインを踏まないように気をつけましょう。かなり失礼な行為です。ラインを横切るときは、またぐようにしましょう。あるいは、カップから見て、ボールの位置の後方から回り込むように動きましょう。 

君とは、2度とゴルフをやらんぞ!

旗竿はホールにきちんと戻すこと
セルフコースでは、特に、抜いた旗竿は、グリーンを離れる前に、ホールの中に正しく戻しておいてください。
プレーが終わったら、すみやかにグリーンから離れる
そのホールでのプレーが終わったら、すぐにグリーンを離れて、後続の組のためにグリーンをあけましょう。グリーン上でスコアカードに記入したり、アテストしあうのはスロープレーの元です。次のホールに、移動する間に済ませましょう。
お先パット
打順は、ホールから遠い球の人が、先に打つのが原則ですが、カップのそばの球は先にプレーしても構いません。1グリップ程度の距離であれば、プレー進行を考慮して、お先パットをすることを心掛けましょう。

 
 
 

Information

  • LiveBattle
    JGF
    Kyoraku
    トーナメント観戦チケット発売中!


閉じる